★Keiko Nishizu has been playing the piano since she was 3 years old.
She graduated as a pianist from Tokyo University of the Arts.
She won at the music conpetition by "All Japan Musicians Association" and also passed an audition by "Japan International League of Artists".
She is known as a soloist and an accompanist.
In addition to classical music, she is also working Japanese contemporary works diligently. For this purpose she is performing in the concert by "The Japan Federations of Composers" every year.
She has released two solo albums, and she is uploading her own performances on Youtube.

★Keiko Nishizu spielt seit ihrem 3 Lebensjahr Klavier.
Sie machte ihren Abschluss als Pianistin an der Universität für Kunst in Tokio.
Sie ist bekannt als Solistin, Liedbegleiterin und arbeitet an gemeinsamen Projekten der Kammermusik.
Dazu beschäftigt sie sich mit Stücken der japanischen Folklore und Literatur zeitgenössischer Komponisten.
Zwei Solo-Alben hat sie schon veröffentlicht, und ihre Interpretationen wurden im YouTube mehr als 400,000 Mal besucht.


★3歳よりピアノを始める。
東京芸術大学ピアノ科卒業。日本演奏家協会主催モーツアルト・コンクール優勝。同フランス音楽コンクール最優秀賞優勝。 国際芸術連盟オーディション合格。同連盟主催「日本現代音楽展」「21世紀ピアノ音楽の領域」「日本歌曲の潮流」、また日本作曲家協議会主催「JFCアンデパンダン」、「楽譜出版記念コンサート」等に出演、邦人作品を多数初演している。1996年~2006毎年リサイタルを開催。その後もリサイタル、器楽・声楽の伴奏等の演奏活動を続けている。

近年は杉並区荻窪の「かふぇ&ほーるwith 遊」にて毎月第4土曜日14時よりソロ・コンサートを開催。
インターネットの動画サイトYouTubeに200本以上の演奏動画をアップロードしている。
全日本芸術協会コンクール審査員。



★ 海外での演奏  2011年5月~ドイツ、リュテンにてコンサートを行う。
2011年11月~日本ドイツリート協会フランククフルト公演にてドイツリートと日本歌曲の伴奏を務める。
2013年1月~在ハンブルク日本総領事館主催のパーティーにてショパンを演奏。
2013年5月及び2014年5月~グダンスク(ポーランド)のラジオスタジオにてコンサートを行いポーランド人現代作曲家G.ドロッツ氏の作品を世界初演。
2016年5月にも同スタジオにて演奏予定。
2013年10月及び2015年3月~ナーシッツェ(クロアチア)のドーラ伯爵夫人音楽学校ホールにてコンサートを開催。

Top

 
 
Profile
inserted by FC2 system